• <td id="rij0z"></td>
      <td id="rij0z"><option id="rij0z"></option></td>

        <table id="rij0z"><ruby id="rij0z"></ruby></table>
          JAMA 一般社団法人日本自動車工業会  
          環境かんきょう・リサイクルへの取り組み

          地球環境かんきょうを守るための対策たいさく

          環境(かんきょう)を守り、資源(しげん)を大切にするための技術(ぎじゅつ)や工夫を紹介(しょうかい)するよ。自動車メーカーの環境かんきょうへの取り組みには、「環境かんきょうにやさしいクルマの開発」と「クルマの部品のリサイクル」という大きなテーマがあります。環境かんきょうにやさしいクルマの開発では、地球をよごさない技術ぎじゅつや省エネルギーのための技術ぎじゅつを開発しています。また、クルマのリサイクルでは、鉄などの原料をり返し使えるようにするために、原料別のリサイクルを進めています。

          環境(かんきょう)にやさしいクルマの開発

          地球温暖化(おんだんか)の防止(ぼうし)

          イラスト大気中のCO2(二酸化炭素にさんかたんそ)がえて、地球の温暖化おんだんかが進んでいます。大切な石油をなるべく使わないようにすれば、温暖化おんだんかの進行をおさえることができます。自動車メーカーから、省エネルギーを実現じつげんするいろいろな技術ぎじゅつが生まれています。

          大気汚染(おせん)の防止(ぼうし)

          工場やクルマからの排出はいしゅつガスにふくまれる成分が、大気をよご原因げんいんとなります。日本のクルマは、世界でいちばんきびしい排出はいしゅつガスの規制きせいを守っていますが、さらに排出はいしゅつガスの少ない、世界でもトップクラスのクリーンな自動車をつくるため、研究・開発を重ねています。

          フロンの回収(かいしゅう)・処理(しょり)

          かつてカーエアコンに使われていたフロンというガスは、地球の温暖化おんだんかやオゾンそう破壊はかい原因げんいんとなるため、クルマを処分しょぶんするときは、フロンは回収かいしゅう処理しょりされています。現在げんざい生産されているクルマのカーエアコンには、フロンに代わる物質ぶっしつが使われています。

          クルマの軽量化

          クルマが軽ければ、それを動かすエネルギーも少なくてみます。自動車メーカーでは、[1]鉄よりも軽い金属きんぞく材料を使う、[2]鉄の代わりになるプラスチック部品を使う、[3]車体や部品を軽くするなど、安全せいをたもちながら、エネルギーが節約できるようにしています。

          空気抵抗(ていこう)の低減(ていげん)

          写真走るときに空気抵抗ていこうが多いと、それだけエネルギーをたくさん使うことになります。そこで、空気抵抗ていこうをなるべく少なくするために、空気の抵抗ていこうを受けにくい丸みのあるデザインにしています。

          効率(こうりつ)のよいエンジン

          写真1リットルのガソリンで何キロメートル走るかを計る単位を「燃費ねんぴ」といいます。自動車メーカーは、これまでより、少ないエネルギーでクルマを長く走らせることができる、燃費ねんぴのよい新しい構造こうぞうのエンジンの開発や普及ふきゅうを進めています。

          排出(はいしゅつ)ガスを抑(おさ)える装置(そうち)の改良

          写真ガソリンエンジンでは、排出はいしゅつするガスの量を少なくするとともに、一酸化炭素いっさんかたんそなどの有害成分を分解ぶんかいするため、浄化装置じょうかそうちを取り付けています。また、ディーゼルエンジンでは、黒煙対策こくえんたいさくとして電子制御せいぎょシステムや浄化装置じょうかそうちを取り付けています。

          自動車生産工場もエコ

          大きな工場棟こうじょうとうが連なる自動車工場にとって、環境かんきょうへの取り組みはたいへん大きな課題です。自動車業界では、工場生産の工程こうていにおいて、CO2排出はいしゅつおさえたり、電力や燃料ねんりょうなどのエネルギー使用量をらす取り組みをしています。

          クルマの部品のリサイクル

          リサイクルを考えた自動車設計(せっけい)

          自動車の部品のリサイクルりつは高い水準すいじゅんにあります。これをさらに向上させるには、設計せっけいをする段階だんかいからリサイクルを考えたクルマづくりが必要です。そこで、[1]リサイクルできる材料をなるべく多く使う、[2]リサイクルする部品が簡単かんたんに取りはずせるように設計せっけいする、[3]リサイクルしやすいように材料ごとに原料の種類がわかるようマークを付けるなど、いろいろな工夫がなされています。

          高い水準(すいじゅん)のリサイクル率(りつ)

          日本では、年間数百万台の使用み自動車が発生しています。このうち、重量比じゅうりょうひで約96%がリサイクルされていて、これは自動車以外の製品せいひんとくらべて、高い水準すいじゅんにあるといえます。使える部品は取りはずし、再利用します。鉄などの金属きんぞく類はかしたりしてから、素材そざいとしてリサイクルします。

          二輪車のリサイクル

          自動車業界では、二輪車のリサイクルも積極的に進められています。たとえば、てられている二輪車について、都道府県や市町村などから依頼いらいがあれば、リサイクル施設しせつに運び、使える部品を再利用できるようにしています。

          まえのページへ 7/11 つぎのページへ
          目次へもどる
          Copyright (C) Japan Automobile Manufacturers Association, Inc.
          强制标记_久艾草在线精品视频在线观看_又黄又刺激超爽动态图_女孩子什么样的算是水多的
        1. <td id="rij0z"></td>
            <td id="rij0z"><option id="rij0z"></option></td>

              <table id="rij0z"><ruby id="rij0z"></ruby></table>