• <td id="rij0z"></td>
      <td id="rij0z"><option id="rij0z"></option></td>

        <table id="rij0z"><ruby id="rij0z"></ruby></table>

          一般社団法人 日本自動車工業會 JAMA

          COP28関連イベントレポート

          COP28 @UAEにおける「多様な選択肢」の訴求について

          1.開催概要:

          2023年12月6日、アラブ首長國連邦のドバイにて開催されたCOP28會場のジャパンパビリオンにて、「Diversity in Carbon Neutrality」と題した、一般社団法人日本自動車工業會主催のサイドイベントを開催致しました。

          世界の科學的知見の権威であるIPCCの最新報告書の主要執筆者の方々に加え、ブラジル自動車工業會を代表する方や、ダイハツ工業の専門家を登壇者としてお迎えし、気候変動に関する最新の科學的知見?地域のバイオマス資源活用の側面から、自動車のライフサイクル全體をカバーする「つくる」?「はこぶ」?「つかう」の領域における多様なソリューションの可能性や、コベネフィット等についてパネルディスカッションを行いました。

          【登壇者】

          • 有馬 純氏(東京大學公共政策大學院 特任教授/IPCC第6次評価報告書WG3, 第17章の主執筆者 第1章序章とフレーミング主執筆者)※モデレーター
          • スザナ?カーン?リベイロ氏(リオデジャネイロ連邦大學 教授/IPCC第6次評価報告書WG3, 第10章の主執筆者)
          • ヘンリー?ジョセフ?ジュニオール氏(ブラジル自動車工業會(ANFAVEA) テクニカルダイレクター)
          • 上西 真理氏(ダイハツ工業株式會社 BRバイオ推進室 室長)
          • 饗場 崇夫氏(一般社団法人日本自動車工業會 國際溫暖化政策分科會長)
          2.各登壇者からのプレゼンテーションの內容
          寫真:饗場氏

          饗場氏

          • 2030年SDGsの進捗遅れを認識し、自工會は危機感を持ち、CNに向けて最大限の努力をしている。
          • 「the range of pathways」や「multi-pathway approaches」の重要性は、IPCCの最新の報告書だけでなくG7諸國やG7各國自工會にも認識されている。
          • 過去20年間、日本は道路交通部門において-23%のCO2削減を実現するなど、HEVや軽の普及などの多様な選択肢の実踐を通じ、G7諸國でもトップのCO2排出削減の実績を殘している。
          • カーボンニュートラルに向けたCO2排出削減のための多様な選択肢(技術?取り組み)は、G7で展示したように、著実に実行段階にある。
          • 出來るだけ早くから、出來るだけ多く排出削減を進めるために、関係の皆様と一丸となって、気候変動と戦う必要がある。そのためには、地域の多様性を尊重し、テクノロジーオープンでマルチパスであることが重要。意思のある情熱と行動が、將來を変えることに繋がる。
          寫真:上西氏

          上西氏

          • 持続可能な地域社會づくりに貢獻するため、稲作農家、近江牛農家、メーカー、行政が協力し、バイオマス資源を地産地消するプロジェクトを立ち上げた。
          • カーボンニュートラルへの道筋は多様であるため、それぞれの地域に適した解決策を見つける必要がある。
          • 地域社會の多様なメンバーが力を合わせることで、CNの達成のみならず、地域社會を持続可能なものにしていくことができる。本件は、世界の各地でも適用可能性があり、SDGsの複數の目標にも貢獻できる。
          • バイオガス計畫は既存の設備で実施できるため、我々は今すぐ行動を起こすことができる。
          寫真:リベイロ氏

          リベイロ氏

          • 本當の意味での炭素削減という観點では、LCAの考え方が重要。地域狀況の差異がある。
          • 各國?地方の狀況に応じた色々なオプションがある。1つの地域ではよい解決策であっても、別の地域では狀況が変わってくることもある。パワートレインのコンビネーションの良し悪しは、國による。
          • サステナビリティを考える際には、アクセスと平等性、コスト、パートナーシップ等を考えることも重要。
          • バイオ燃料については、転換技術が成熟しており、一部の國には既に技術がある。但し、技術だけではなく、ツール?戦略が無ければ、こうしたオプションを利用できない。教育?行動変容や、R&Dも重要。
          • ブラジルでは、バイオマスが豊富にあるため、バイオエネルギーにもフォーカスしている。
          • 脫炭素への移行の加速化と、今無い技術を商業化して可能性を広げていくことも重要。BEV、 HEV、 バイオマス、バイオエタノールを使った車等が貢獻する。
          寫真:ジュニオール氏

          ジュニオール氏

          • 自動車から排出されるCO2を削減またはゼロにするためには、EV化とバイオ燃料という、2つの技術的なパスウェイがある。
          • ブラジルは、クリーンで再生可能なエネルギー生産の割合が多いという恵まれた狀況にある。エネルギーのほぼ半分は、水力、太陽光、風力、バイオマス、薪などの再生可能エネルギーによるものである。このような狀況を活用するため、ブラジルでは、Well to Wheelの考え方による脫炭素化が進められている。
          • ブラジルでは、ガソリンとバイオエタノールどちらでも走行できるフレックス燃料の自動車が販売されており、お客様にも好評。フレックス燃料を使用できるHEVも販売されており、ベストセラーとなっている。
          寫真:有馬氏

          有馬氏

          サイドイベントのまとめとして

          • G7広島の展示例、G7各國自工會共同聲明、竜王町やブラジルでの取組や、IPCCの科學的な知見についても説明頂いた。
          • 今回の議論のキーワードは多様性。都市や地方では、狀況が異なる、優先課題も異なる。多様性を認識する必要があり、マルチパスが重要。
          • 我々は野心を持つ段階から、実裝?実行段階へと移行しようとしており、今すぐに行動を起こさなければならない。
          • 排出削減には、様々な課題?現実がある。都市部および地方部の関係者からもサポートを得ることが重要。それによって、公正な移行が果たせると考える。これは、バイオマスだけでなく、風力や太陽光等の再生可能エネルギーも同様である。
          • 我々は、野心を実現していかないといけないという困難な局面にある。共通のゴールであるカーボンニュートラルに向けて、運輸部門は重要なセクターである。
          イベント配信録畫(英語オリジナル音聲)
          3.結果概要

          プレゼンテーション、パネルディスカッションを通じ、2050年CNに向けて、各國?地域の多様性を尊重し、テクノロジーオープンでマルチパスであることが重要であるというG7広島でも共有されたメッセージを、24年G20、25年COP30のホスト國であるブラジルの有力者と共有すると共に、聴講者に発信することが出來ました。

          ▼COP27におけるJAMAサイドイベントのレポートはこちら

          【略語便覧】

          BAU

          Business As Usual

          成り行き

          BECCS

          Bioenergy with Carbon Capture and Storage

          炭素回収?貯蓄付きバイオマス発電(技術)

          BEV

          Battery Electric Vehicle

          電気自動車

          CDR

          Carbon Dioxide Removal

          炭素除去(技術)

          CN

          Carbon Neutral

          カーボンニュートラル

          DACCS

          Direct Air Carbon dioxide Capture and Storage

          二酸化炭素直接回収(技術)

          GHG

          Greenhouse Gas

          溫室効果ガス

          JAMA

          Japan Automobile Manufacturers Association

          一般社団法人日本自動車工業會

          ICEV

          Internal Combustion Engine Vehicle

          內燃機関自動車

          IEA

          International Energy Agency

          國際エネルギー機関

          IPCC

          Intergovernmental Panel on Climate Change

          気候変動に関する政府間パネル

          NZE

          Net Zero Emissions by 2050

          IEAのシナリオの一つ

          OICA

          Organisation Internationale des Constructeurs d'Automobiles

          國際自動車工業連合會

          SDGs

          Sustainable Development Goals

          持続可能な開発目標

          WG3

          Working Group 3

          IPCC內で緩和を取り扱うワーキンググループ

          ページトップへ
          强制标记_久艾草在线精品视频在线观看_又黄又刺激超爽动态图_女孩子什么样的算是水多的
        1. <td id="rij0z"></td>
            <td id="rij0z"><option id="rij0z"></option></td>

              <table id="rij0z"><ruby id="rij0z"></ruby></table>